LINEツムツム攻略情報!TUMURIN5(ツムリンゴ)へようこそ!無課金で高得点獲得!ルビーの裏技も大公開中です

マイクで高得点をゲットしよう!|縦消去系スキル(1)

「モンスターズ・インク」でおなじみの目玉キャラクター、マイク。相棒であり、親友でもある青サリーとともに、いつも子供たちを怖がらせるのが仕事。最後は色々あって子どもたちを笑わせるのを仕事にするようにしたわけですが…やはり見た目は怖いです(笑)
そんなマイクの特徴を詳しく見ていくことにしましょう。
マイク

マイクのスキル内容について

タイプ:縦消去系スキル(縦ライン状にツムを消すよ!)

・スキルの効果範囲
スキルレベル1:SSサイズ
スキルレベル6(MAX):3Lサイズ

・ツム単体の基本点数
レベル1:80点
レベル50(MAX):962点

・スキル発動に必要な消去数
15コ

高得点を狙うポイント

マイクのスキルは典型的な縦消去系で、画面真ん中部分を縦に消去していきます。
消去系スキル定番の必勝法はフィーバー中にスキルを発動させてなるべく多く消すことです。縦消去や横消去の利点は、消す位置がだいたいわかるという点。意外と地味だと思われますが、一つでも多く消すためには、消されるであろう位置にたくさんツムを配置しておかなければならないのです。消去系ツムで思ったように点数の稼げない人は、大抵これがうまくできていません。
その原因は、焦りにあります。ツムを消去した直後はどうしても画面上のツムは少なくなっていますし、ほんの一瞬のタイミングで配置も崩れてしまうことが多いです。その時にスキルを!ってなると完全にツムが集まっていない状態で発動してしまうことになり、本来ならば消える位置にツムがない!ということも多くあるのです。
フィーバー中にスキルを発動、さらにツムが画面真ん中に詰まっている状態で発動するのが連発できれば、高得点に自然とつながっていくでしょう。

同じタイプのスキルを持つツムと比較してみると…

同じ縦消去系タイプのツムには「スティッチ、ダンボ」がいます。この3ツムにはそれぞれ棲み分けができているので覚えておきましょう。スティッチは「消去数の少なさ」、ダンボは「基本点数の高さ」、そしてマイクは「消去範囲の広さ」です。
そこまで際立った差ではないのですが、その人のプレイスタイルによっては、ダンボがいいという人もいますし、スティッチのほうが得意だという人もいます。ダンボは消去範囲こそ一番狭いですが、基本点数はスティッチやマイクよりも150点ほど高いです。スティッチはダンボより消去範囲は広めでスキル発動の消去数が1コ少なくなっています。マイクは基本点数はスティッチと同じ、発動の消去数はダンボと同じですが、スキル発動時の消去数が3コ程度多いとされているのです。
基本点数か、スキル発動までの時間か、消去範囲の広さか…自分のプレイスタイル、ツムの成長具合で決めてあげると良いでしょう。

マイクのビンゴでの活躍度は?

2015年7月の新ツムでランドールが追加されるまでは、「モンスターズ・インク」シリーズのミッションは、マイクか青サリーでやっていました。それだけでもかなりの貴重さだと思うのですが、さらに「ピクサーの仲間」(モンスターズ・インクはピクサー映画)にも該当するのが特徴です。青サリーも高得点は狙えますが、それなりのスキルレベルが必要ですし、ランドールはあまり高得点稼ぎには向いていません。
その他、緑色のボディに関係して、ミッション7-24「緑色のツムを使って1プレイで90コンボしよう」をこなすのも、マイクの大切な仕事のような気がするのです。
意外とふたを開けてみると、結構な使い道が見つかるかもしれませんよ?

マイクの総合評価

縦消去タイプのツムは、消すタイミングさえ覚えてしまえば、初心者から上級者まで楽しめるツムだということができるでしょう。スキルもただの縦消去なので、消す範囲も予想がしやすく、使い勝手も良いです。
ビンゴでは他のメインツムに隠れてしまいますが、いざ細かく見ていくと、結構該当しているのでチェックしてみるといいでしょう。

無難だと評価されがちなマイクですが、初心者の方が100万点越えを目指すのには最適なツムだと個人的には思います。スキルレベルMAXだと、30コ以上を消してくれますし、比較的プレミアムBOXからも出やすいので、スキルレベルの高さに期待が持てるツムともいえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Q&A

インフォメーション

2018年1月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031