LINEツムツム攻略情報!TUMURIN5(ツムリンゴ)へようこそ!無課金で高得点獲得!ルビーの裏技も大公開中です

ボムを一緒に消せる消去系スキルをマスターしよう!|ツムツムスキルタイプ別攻略(29)

ツムツムに登場するツムのスキルには、さまざまなものがありますが、その中でも比較的多いのが「消去系スキル」です。ここでは、その消去系スキルのうち、ボムも一緒に消すことができるスキルについて詳しく見ていくことにしましょう。意外な使い方が見えてくるかもしれませんよ?

フィニック

ルビーが全然足りないょ~という方!!こちらも是非ご覧ください♪

ボムを一緒に消せる消去系スキルの紹介

ボムを一緒に消せる消去系スキルは、基本的には「消去系スキル」であることに変わりはありません。ただ、一般的な消去系スキルと違うのは、スキルで一緒に「ボムを消すことができる」という点です。これは地味なようで、結果に大きな差を残すことになりますので、しっかりとその理屈を把握しておくと良いでしょう。

△スコアボムを一緒に消すことができたら…!
ボムを一緒に消せる消去系スキルは、そのままになりますがボムを一緒に消すことができます。それがどうした?と思う人もいるかもしれませんが、実際にはこれが大きな点差につながることをしっかりと意識すると良いでしょう。
というのも、もし、スコアボムを一緒に消したとしたら、スコアボムは、ボムと一緒に消したツムの点数が2倍になるという特徴があります。つまり、スコアボムよりもたくさんツムを消すことができたら…そう、それがそのまま高得点につながるのです!

△それ以外の特徴はあるの?
ほかのボムの場合はどうなるかを見ていくと、ボム自体にプラス要素がすべて決められていて、それ以外の特徴はありません。たとえば、コインボムは消去するとコインが10枚プラスに、スターボムは経験値が10増えます。タイムボムはタイムが2秒追加となるだけで、それぞれ得点には影響しないのです。
高得点につなげていくにはスコアボム一択となりますが、スコアボムは消さないでそのまま残しておき、次のスキルで一発消していくようにすると良いでしょう。

スキルの特徴

ツムツムの強さをタイプ別にまとめてみた(1)|消去系①
消去系ツムで強いのはどれだ!?|既存のツムを比較してみた(1)

スキルの上手な使い方

ボムを一緒に消せる消去系スキルをうまく使っていくためには、スコアボムを生成し、それを次の消去系スキルで消せるかどうかに大きくかかってきます。スキルが強力であれば、それなりの点数を稼ぐことはできますが、スコアボムを残しておかなければなりません。
さらに高得点を狙うための要素としてスコアボムがあり、それが一緒に消えることでさらにスコアボム分の結果が加算されることになるのです。それを狙いすぎて、結果が悪くなるのであれば意味がありませんが、無理のない程度にボム残しをして、スキル発動を狙っていくのが良いでしょう。

ボムを一緒に消せる消去系スキルを使うツムについて

ボムを一緒に消せる消去系スキルを持っているツムは、現在のところ野獣とフィニックのみとなっています。どんなスキルになっているのか、またスコアボムは残しやすいかどうかもチェックしてみましょう。

・野獣
野獣は斜めライン消去スキルで、スキルレベルの上昇によって、スキル発動に必要な消去数がどんどん少なくなるのが特徴です。スキルレベル1では28コと多いですが、スキルレベル6(MAX)になると、14コと実に半分になります。
スコアボム自体はほとんどの場合において出来上がるのですが、野獣の使いこなしは、スキルレベルで大きく変わってくるということを覚えておきましょう。あとは、どれだけ野獣のスキルが連発できるか…そして、スコアボムと一緒にスキルが決まるかどうかです。
というのも、野獣はツム単体の点数が低く、スキルによる点数稼ぎで差をつけられてしまうと、巻き返しが大変なツムです。スキルによるスコアボム巻き込みは確実に!を意識してプレイしていくようにしましょう。

・フィニック
フィニックは縦ライン消去スキルの持ち主で、スキルの威力はスキルレベルの上昇とともに伸びていきますが、威力面では思ったほど結果が伸びません。そのため、フィニックで点数を稼ぐのであれば、やはりスコアボムを上手く回す必要が出てきます。
スコアボムは画面真ん中に押さえておきながら、スキル発動に至るまでしっかりと残せるかどうかが大きな勝負です。
ツム単体の点数は野獣よりも高いですが、スキルの威力は野獣の方が高いことを考えると、どちらが良いのかは好みになります。しかし、スキル発動に必要な消去数を見ると、どちらが良いのかはなかなか難しいところです。

どちらもスコアボムを巻き込んで高得点を狙えるかどうかが大きなポイントです。スキル自体はシンプルな消去系スキルですが、しっかりと使いこなせるよう、ボムの残し方やそのタイミングをしっかりと練習してみましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Q&A

インフォメーション

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031